男の包茎についてたまには真面目に熟考してみる

男性には、いろんな悩みがあります。
例を挙げるならば、包茎もそのうちの一つです。

包茎は、普段はあまり深刻な悩みでもありませんが、夫婦生活などが送れないなどの問題があり、不妊にも大きく関わっていますので、子どもが欲しい場合には、出来れば早いうちに治療を行う方が良いでしょう。

包茎の治療としては、手術する方法がありますが、これは簡単なものですし、時間もすぐに終了しますので、忙しくて暇が無いという人でも、日帰りで行えますので、手軽に包茎を治すことが可能です。包茎にはいろんな種類があり、軽度の仮性包茎から、重度の真性包茎まであります。

重度になってきた場合には、夫婦生活の時でも、手が包皮が剥けませんので、亀頭を露出するのが困難となり、射精障害にも繋がります。

このような場合には、まずはカウンセリングを受けていただいてから、当日に手術を行います。手術時間はクリニックによってバラバラですが、大体は30分前後となるところが多いようです。費用も大体は5万から10万前後が多く、すぐに終了しますので、包茎が気になる人は、一度、カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。

包茎であるが故の苦悩

包茎と上手に付き合いながら性生活を楽しんでいる強者を横目に、私は前向きになれずにいます。

皮を剥こうとすれば強烈な痛みが走り、結果として皮を被ったまま挿入せざるをえないからです。私に言わせれば、包茎でも皮を剥くことが可能な人は悩む必要もないと思っています。本当に苦しんでいるのは、亀頭を露出する喜びを感じられないままの挿入を余儀なくされる私のような人物だからです。風俗に行けば、包茎というだけで女性が蔑んだ目で息子を眺めています。

無理に剥けば痛がるような客をどのように扱ったらいいのか、皮を被ったままのペニスが膣に入るのは抵抗があるといった目です。

一度だけ、気合だけで包茎を改善しようとしたことがあります。風俗店で、プロレスラーのような女性に無理やり皮を剥いてもらうように依頼しました。そのときは、皮と亀頭の境目から血が滲んで、わずか10分で店を出たという苦い思い出になりました。それ以降、自分の包茎が好きではありません。

痛くてむけない包茎

先端に皮が被ったままの状態で25歳を迎えました。大きさは約15cmありますが、勃起しても皮がむけません。勃起状態では痛くて仕方ありません。無理やりにむけば痛みを我慢してむく事も出来ますが、勃起している時は大きくなり過ぎて無理です。

高校生の時に両親から聞かれた事があり、その時は見栄を張ってむけているから大丈夫と答えてしまいました。あの時、両親に相談して手術を行っていればコレだけ悩む事はなかったのでしょう。

修学旅行の風呂場でもタオルで隠して、友達には見られないようにしていました。高校生にもなると、立派な物を持っている友達はタオルもしないで見せびらかせます。羨ましくて仕方が無かった事をしっかりと覚えています。包茎はアソコが腐るとよく聞きますが本当なのでしょうか。実際、皮を無理やりむいた時に、臭いにおいがします。カスが溜まってにおいを出しているようです。

綺麗に洗い流せばしばらくはいいのですが、1週間に1、2回は痛い思いをして洗っています。彼女が出来る前に手術をするのが良いのかまだ悩んでいます。周りに同じ悩みを解決した人がいればよいのですが。

包茎の治療を受けるべきか否か

男の悩みの一つとして男性器について抱えている方もいらっしゃるかと思います。皮が向けていない、小さい、性行為がすぐ終わってしまう、などなど。悩みは人それぞれでしょう。そのため、医療においてもその悩みをケアする治療・薬が開発されてきています。それを利用して今のびのびとしている方も実際にいらっしゃいます。タートルネックの服をきて男性が踊っている某クリニックのCMを見かけるくらい、男性器についての悩んでいる方がいかに多いか推測されます。

国によっては小さいころに男性器の余分な皮を取ってしまうところもあります。慣習的なものだそうですが、衛生面から言えば良いことなのでしょう。

しかし、あまり若いうちからそのような治療などを受けるべきではない気がします。一度それに頼ってしまうと自力でどうにかることが難しくなってしまうからです。若いうちはできるだけ自分でなんとかすることをオススメします。

一方で、女性がどう思っているかについてなのですが、信ぴょう性があるかないかは定かではありませんが、男性が思っているほど女性は気にしていないというのが現実な気がします。男性器が短いからその人の事が嫌い、性行為が短いから嫌い、などは聞いたことがありません。そもそも、そのような女性とはお付き合いしないほうが良いと思いますが。

「性」については人間の欲求の一つでもあるため、生きてく上でどうしても切れない関係にあります。

しかし、悩んで苦むことが一番もったいないので、楽しく健全に関わっていくことが人間としてもっとも望ましいことでしょう。

包茎は手術しないといけないのか

日本人は包茎の人が非常に多い。海外では手術を子供の時にするため包茎の人が少ない。こういう話しを昔聞いたことがある。

思春期の頃にはこういう話しがよく聞こえるようになり、自分だけ包茎なのではないかと悩んだりする。実際手術の話しになるとお金の面でも問題が起きるし親への了承ももらわないといけない状態になるので思春期の子供が親とそんな話しを面と向かって言えるわけがない。

なので、そのまま大人になるにつれ包茎であることがトラウマになったり、包茎だと肩身が狭い気持ちになってしまう。風呂や温泉、みんなに見られる場所ではその悩みがより一層大きくなってしまう。常にその悩みを抱えながら過ごしていくと包茎は手術をしたほうがいいのではないかと思ってくる。

大人になると包茎手術くらいはそこまで大きな金額がかからないことが分かり、親への了承などは不要になってくる。今までと比べて手術がとても近い状態になる。ただ大人になると、手術への後ひと押しがないと無理に手術をしなくてもいい気になるのが不思議だ。

以前はカントンでしたが

国民の七割が仮性包茎と言われていますが、私の周りが皆ズル?けだったため、その話が信じられませんでした。さらに私は勃起時には?けないカントン包茎であり、なおさら恥ずかしい気持ちで一杯でした。

カントンの場合、勃起時に剥いた状態でいると壊死する恐れがあることを身をもって分かっており、いち早く治さねばと、焦る気持ちで色々なサイトを見て回りました。カントンは保険が適用されるため、手術が安く済むことを知りましたが、その時私は16歳と、思春期真っ盛り。両親にこのことを話せるはずもなく、どうにか自力でとの思いでした。

毎日お風呂に入っては皮を伸ばし、少しずつ剥き癖をつけていきました。さらに寝るときはなるべく剥いた状態のままにしました。始めた当初は擦れるたびに呻き、不意の勃起には冷汗が止まりませんでした。

今ではズル?けではありませんが立派な仮性包茎となり、銭湯等人前で披露(?)することにも気後れすることはなくなりました。

仮性であっても包茎は男の自信を奪います。

私が思春期を迎えた頃からずっと持ち続けている悩み。それは自分が包茎であることです。

仮性包茎なので、セックスの時などは剥けているのですが普段はしっかり皮に隠れています。ですので、男性用トイレに入った時や銭湯に行った時などは見られるのに凄く抵抗があります。かと言って、変に隠せる場でも無いのでその様な場所で人に会うこと自体嫌な気分になったりしてしまいます。

仮性であっても皮を被っている人は衛生的に良くないと聞いたこともありますし、セックスとなった時に相手の人に嫌な思いをさせていないか不安だったりもします。

実際に何かを言われたことはありませんが、いつも気になっています。

そんな風に同性に見られることも嫌だし、異性にどう思われているかも不安に感じてしまっていると自分自身に対する自身も無くなってきてしまいます。

それが全てでないことはわかっていますが、男性にとって性器の悩みは本当に大きなモノなんです。
自分が情けなく思えてしまったりで。誰にもバレずに何とかしたいです。

仮性包茎は公共の場で脱ぐ機会がある時に恥ずい

男性の悩みは様々あります。その中でも特に思うのが、仮性包茎に対しての悩みです。仮性包茎の男性は多いと思います。色々な雑誌に一皮向けた男になる的な広告があるとおり、多数の需要があると思います。

しかしながら、仮性包茎というのは微妙なところで、手術するかしないか微妙なラインであると思います。真性包茎であれば、決断できると思います。何故なら、手術をしないと衛生面など色々と支障が出るからです。そう思えば手術に踏み切ることができます。

しかし、仮性包茎は手術をしなくてもなんとかなります。剥いて洗えるし、勃起すれば剥けるからです。いざ、女性を相手にする時でも勃起状態であれば、問題ないです。なので、手術をしなくても支障は無いです。そもそも日本男児は仮性包茎が多いので、多数派という見方もできます。

仮性包茎で悩むのは、社員旅行などの風呂場でしょう、その時は流石に勃起状態では無いので、かぶっている状態になります。それが恥ずかしいというのであれば、手術をおすすめいたします。

仮性包茎の意識を始めてから温泉に入る

今までほとんど意識していなかったこと、自分が仮性包茎であるということを考え始めるようになってから温泉に入る機会がありました。仮性包茎であることがとても恥ずかしいことであるという気持ちになり、温泉のトイレで仮性包茎ではないように見せるためにむいてから浴場に入りました。

なにげに一般の男はどんなペニスをしているのかが気になり、露天風呂などさりげなくチェックしてみることにしました。というのも、自分が仮性包茎であるだけでなく、ペニスも小さかったので平均的に一般の男性はどのくらいなのかを目で見て確認したかったのです。

観察すると、意外と仮性包茎の人もいることがわかりました。全体としては2-3割くらいではないかと思いました。そしてペニスの大きさですが、体は大きいのにペニスが小さくてかわいいサイズの人もいて、自分よりも小さい人も多いことがわかり少し安心しました。

とはいえ、立派な大きさとペニスむき出しの堂々とした男性が露天風呂で自分のものを見せている様子は少し羨ましくなりました。

包茎手術を受ける場所はどこにするべきか

私は包茎です。
このままでは自分に自信が持てそうにないです。これから長い人生どうしようかなと思い、包茎手術を受けたほうがいいのかなと言う結論に達しました。

そして包茎手術を受けるなら早い方が、のちの人生を考えてコスパがいいと判断して、最近はもっぱら包茎手術のことを調べるようになりました。大きく分けて包茎手術を受ける場所はふたつです。

病院と、包茎手術専門のクリニックです。

病院だと保険が適用されるので三割負担で済みます。
そして包茎手術専門のクリニックは全額負担ですが、アフターフォローをしてくれるという事と、仕上がりに自信があるというのがメリットのようでした。

病院は包茎と言う症状が治ればOKです。しかし、クリニックの場合は仕上がりの綺麗さも大事にしているという事でした。かの有名な上野クリニックなどは症例数も多いし実績、知名度共に抜群です。

包茎が改善されても、仕上がりが汚いと自信がもてないかもしれない。

ちょっと気が弱い自分はそう考えてしまいます。
手術を受けずに堂々と生きるか、保険を使って安く手術を受けるか、きれいにお金をかけて手術を受けるか、迷っています。

長茎術に賭ける!?

セックスの際の彼女の顔が気になる。僕は気持ちがいいのに、出てしまうのに、彼女はなかなか表情が変わらない。「もう終わったの?」といわんばかりに、静かに着替える。彼女はハーフだ。お父さんがロシア、お母さんが日本出身なので、どことなく鼻が高く、目の色素が薄い。

体もすらっとして、スタイルがいい。それだけじゃない。中が深いのだ。決して僕は自分のペニスが小さいと思っていない。大学のサークルで、友達と一緒にお風呂で比べたときも、全然そんなことはなかった。むしろ、平均以上だった気がする。

けれども、僕のそんなささやかな自慢は、音を立てて崩れ落ちた。どうやら彼女は、もっと奥を突いて欲しいようである。けれどもどうしても届かない。

AVで見た、黒人のような長いペニスがあれば!そう思い悩んでいたところ、たまたま目にした雑誌の裏表紙にあった長茎術。夢のような話だった。でも、手術は痛いのだろうか、いくらかかるのだろうか、一方で浮かぶ彼女の満足そうな顔。僕の悩みは尽きない。

包茎が原因で彼女を作れません

私は包茎で悩んでいます。思いっきりむけば、ある程度亀頭がでるので、セックスはできると思うのですが、包茎だというのが恥ずかしくて、それがばれるのが嫌で、女性と付き合っていません。

何回か彼女ができそうになったことはありました。食事をして、デートを何度かしていくと、そろそろ告白をしないといけないタイミングだよなと思います。でもその時に、ああ、付き合って包茎ってばれて、彼女に軽蔑されるくらいなら、このまま付き合わないで良い友達のままいたほうがいい、という風に弱気になってしまいます。

友人は仮性包茎なのですが(本人が言ってました)彼女がいます。私が、彼女、なんか言ってなかったかと聞くと、全然気にしていないと思うと言っていました。もしかしたら、私の場合も、意外と女性は気にならないのかなとも思うのです。

そろそろ彼女が真剣に欲しくなったので、一度見せてみるか、手術などの手段をそろそろ考え始めないといけないかなと思っています。